1. トップ > 
  2. 協会概要

協会概要

協会の役割

協会の役割 イメージ

理事長挨拶・沿革

欧米などではナショナルキャンドル協会が長い間存在し、キャンドルおよびキャンドル教室・スクール普及やキャンドルアーティストの支援、キャンドル製造会社や販売会社の支援などを広く行っています。しかし、日本においては比較的新しく、2009年2月23日に社団法人日本キャンドル協会が設立されました。

キャンドルとは遥か昔から人々の生活の中で重宝されてきました。時には神聖なもの、時には照明として無くてはならない存在でした。しかし段々と日常でキャンドルを使用する機会は減り、同時に人々はキャンドルの灯の温もりや自然への感謝の気持ちが薄れてきてしまっている気さえいたします。

しかし、昨今の日本においては「スローライフ」を象徴するもの、また東日本大震災などをきっかけに「自然の照明」として、キャンドルの存在が見直されてきたと感じています。全国でキャンドルナイトが開催され、インテリアや癒しとしてキャンドルを販売・購入する人が増え、キャンドルの需要はまた高まりつつあると思います。

しかしキャンドル作りやキャンドルスクールというもの自体は、まだまだ認知されていないという印象を持っています。モノ作りとは素晴らしいもので、現代人が失いかけている心の豊かさを取り戻す一つのきっかけになると、信じています。

当協会はまだあまり認知されていないキャンドルアーティストやキャンドルインストラクターという職業やキャンドルスクールが、世間一般で広く認められ、活躍のステージが広がっていくことを信じながら、精力的に活動してまいります。

今後とも一層のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

代表理事 神田 悠

協会の概要

正式名称 一般社団法人 日本キャンドル協会
設立年月日 平成21年2月23日
所在地・連絡先 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-23TENOHA代官山
活動目的 キャンドルに関する正しい知識の普及啓発およびキャンドルを通した芸術活動と環境意識の普及に寄与し、もって豊かで健康で文化的な生活に資すること、またキャンドルアーティストを広く一般に職業として認知させることを目的とし、その目的を資するため次の事業を行う。

1.キャンドルの普及を目的としたキャンドル材料の供給活動
2.キャンドルの取扱いおよび制作に関する安全の知識の普及活動
3.キャンドルを通した芸術活動の推進を目的とした、キャンドルアーティストの育成、キャンドルスクールの開講支援、展示会の開催、資格認定等
4.環境保全等に取り組む国内外の団体との相互交流、情報交換、相互支援、イベント共催等
5.その他前各号に関連する事業

最新インタビュー

  • 東澤 美穂

    東澤 美穂

    JCA認定キャンドル インストラクター 認定校Candle Studio 代官山 講師

  • KYOKO

    KYOKO

    JCA認定キャンドルインストラクター/認定校Candle Studio IROKA代表

  • YUUKI

    YUUKI

    JCA認定キャンドルインストラクター/認定校キャンドルアトリエ自由ヶ丘店長

JCA直営 キャンドル材料器具販売ショップ

100万人のキャンドルナイト

Creema